読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊民サナトリウム

個人サークル「遊民サナトリウム」の告知メインブログ。

謝辞

まだC86は終わっていませんが、今のうちにお礼とお詫びを申し上げたいと思います。
当サークル「遊民サナトリウム」へお越しいただき、ありがとうございました!

初めてのサークル参加でそれなりの部数を持っていったにもかかわらず、新刊「きんいろRhodanthe*」全て売り切ることができました。12時を回ってすぐの頃に完売という予想以上の売れ行き。これには驚きを隠せず、きんモザのコンテンツ力を改めて実感しました。そのせいか終始テンションが高かったので、変なことを口走ってたかもしれません。お許しください。
12時以降もたくさんの方々がいらっしゃってくださったので、その方々に対しては本をお売りすることができなく非常に申し訳なく思っています。なにしろ前記事で「午後からゆっくりいらしても大丈夫」と抜かしていたものですから……。これまで発売されてきたきんモザ関連の商品は品薄であることが多く、その度にもったいないなぁと思っていたのですが、今回の失態でそのことをとやかく言える立場ではなくなってしまいました。本当にすみません。
元々少なくとも「舞台探訪イギリス編」をやるまではサークル活動を続けようと思ってはいたのですが、今回本を手渡せなかった方々のために再販の機会を作らなければと強く思うようになりました。再販は早くて冬のコミケになると思います。おそらくきんモザ2期の放送は来年になると思うのでまだ間に合いますよね……?冬コミに落選したらまた別の手を考えたいと思います。
ちなみに完売後に来て下さった方から「委託は無いですか?」と聞かれたのですが(初サークル参加なのにこのようなことを聞かれるとは思ってもみなかったのですが)、同人ショップへの委託はまず無いと思います。委託を頼んでも置いてくれそうなテーマの本でもないですし、仮に置いてもらったとしても、完売して黒字にならないのに店側にマージンが入るのはどうも抵抗があるんですよね……。そしてなにより本を気にかけて実際にブースに足を運んでくださった方々とのコミュニケーションを一番大事にしたいと思っています。遠方には申し訳ないのですが、ご理解いただけますとありがたいです。

とりあえずいつになるかわかりませんが、次回は今回の本の再販はもちろん、新刊も用意して臨みたいと思います。十中八九きんモザ本です。Rhodanthe*要素が薄くなる(イベントがあまりなさそうなため)ので声優島ではなくなるとは思いますが。内容はイギリス舞台探訪編……と言いたいところですが、仕事の関係上、冬コミまでにイギリスに行けそうにはないので違った内容になると思います。今回の本で用意することができなった小ネタを筆頭に、違ったベクトルの本にしたいと思っています。大真面目に馬鹿なことをやってみたいなぁと思っているのですが、果たしてどうなるでしょうか。ご期待ください。


本の感想、ご指摘は随時受け付けております。このブログかTwitter(@sabuichi2)、または本の奥付に記載したメールアドレスのいずれかにお願いいたします。
最後に本の訂正を記しておきます。他にも変な箇所がございましたら是非ご連絡ください。

21ページ「Jumping!!」曲解説9行目。
「この曲できんいろのテープが」という部分は無視して読み進めてください。(書いてる途中でこの後に文を付け足すのを忘れていました)