遊民サナトリウム

個人サークル「遊民サナトリウム」の告知メインブログ。

C91御礼

あけましておめでとうございます。
C91、2日目に当ブースへお越しいただいた皆様に厚く御礼申し上げます。

思うことは多々あるのですが、一言で申し上げるならば、とても幸せな一時を過ごさせていただいたという気持ちに集約できます。前回のコミケでは仕事で売り子ができなかったので、前々回の冬コミ以来となる1年ぶりの売り子だったのですが、やっぱり本を手にとってくださる方々の顔や声を生で感じ取ることができる喜びは格別なものでした。
今回の新刊はこれまで出してきた本とは違って皆様のお力添えが無ければ完成しない本でしたので、企画段階から不安の連続でしたが、会場では多くの方が手にとってくださることができて本当に嬉しかったです。

その他にも、印象に残ったことをいくつか挙げていきたいと思います。

まず、1番最初に声優島で本を出した時からずっと本を手にとっていただいている方が存外多くいらっしゃいました。きんモザ・Rhodanthe*に関係する本を出し続けて早2年半、当初から追い続けてきてくださる方々がいるということに感動を禁じ得ませんでした。いつもありがとうございます。
そういえばいつぞやに、妹さんに当サークル新刊のお遣いを頼んでいる兄上様がいたと言及しましたが、今回の冬コミでその兄上様がお越しくださり、話の流れで偶然にも特定するに至りました。自身の記憶が正しければ、その兄上様も声優島の頃から追っているとおっしゃっていたので、それはもう驚きの連続でした。

また、既刊である『モザイクかけら(舞台探訪本)』と『小路家の生計事情(税・社会保険本)』も未だに多くの方に手に取っていただいており、今回ともに30冊前後持ち込んだのですが閉会頃にはほぼ無くなっていました。この2冊については感想も多くいただき、本当にありがたいかぎりです。

あとは差し入れ。下記のツイートのような色紙に始まり、自作同人誌や各種お菓子など、差し入れも過去に類を見ないほどいただいてしまい大変恐縮です。本の出来でお返しできていれば良いのですが……。



新刊については委託手続き中ですので、会場で買い逃したという方は委託販売をご利用ください。
販売開始したらまた案内をいたしますが、とらのあなさんではページができております。昨日自宅から新刊を送付したので、来週中には店頭に並ぶかと思われます。



次回は通常どおりであれば夏コミになるのですが、今年はオンリーイベントにも出てみたいと思っております。先月大阪に異動したこともあり、3月19日(日)に大阪の西九条で開かれる「よんこま小町」に出てみようかなあと。きんモザPDを見てから久しぶりに考察を書きたい意欲が高まっているので、仮にコピー本だとしても新刊を出したいところです。

そして夏コミですが、今回はきんモザ関係の内容では申し込まないつもりです。
先ほど言及した活動当初から追ってくれている人には恩を仇で返すような形になってしまい大変申し訳ありません……。資格試験が夏コミ直後に迫っていること(当選後から同人誌を作るようではなかなか凝ったものができない)、きんモザに関する本を定期的に長いこと作ってきたのでどこかで見つめ直す機会が欲しい、というのが主な理由になります。

2017年はサークル活動に転機が生じる年になりそうです。きんモザで出すことがなくなるというわけではないので、今年も何卒よろしくお願いいたします。